キッチンの形もこだわりたい

こんにちは、琴音です。

前回はコンロの話をしましたけど、今回はキッチンの形について話をしようと思います。

キッチンのスタイルはたくさんの種類があって、センターキッチン、セミオープンキッチン、セミクローズキッチン、オープンキッチン、クローズドキッチンがあります。

センターキッチンは色んな方向から作業をする事ができて、数人で囲みながら調理をする事が可能なタイプ、セミオープンキッチンは手元は隠しながら調理をする事ができるタイプのキッチンです。

このタイプは1方向からしか調理する事はできませんが、コミュニケーションをとる事はできるので調理する人が一人しかいないならこのタイプでも良さそうです。

セミクローズキッチンはダイニングとのつながりはありつつもキッチンを隠すことができるので散らかりやすいキッチンを見せないようにしたいならこのタイプが良さそうですね。

調理に専念しやすい分、夏場の熱気はこもりがちになってしまうのが難点のようです。

で、よく聞くのがオープンキッチンですよね。

キッチンとダイニングやリビングの境目がないのがこのタイプで、狭い家でもこのタイプにする事で開放感が生まれ、広く見えるんです。ただ、散らかると目につきやすいのが難点みたいですね。その逆がクローズドキッチンで、ダイニングからはキッチン内が見えないのでコミュニケーションはとりにくくなる半面、調理に集中できるので、調理中くらいは一人で作業したいっていう人には良いかもしれないです。

さて、システムに関してはこれくらいにして、次にレイアウトです。

キッチンのレイアウトはI型、L型の他にもアイランド型、U型、ペニンシュラ型などがあります。

I型は一番シンプルなもので、これがリフォームする上では一番安いみたいです。

アイランド型はキッチン台が壁に接してなく、島のように独立した状態、ペニンシュラ型はキッチンの一部が半島のように突き出しているように見える形、L型はキッチンをL字に配置している形、U型はキッチンがUの字になっている形のものです。

これだけあると迷っちゃいますけど、家の規模によって変わってくるみたいなのでそこは実際に相談しながらやっていこうかなと思います。

さて、次は蛇口に関して調べるのといよいよリフォームを開始しようと思います。